ホーム製品情報OpenBlocks A Family

A7IoTR

本製品は販売終了しました。

OpenBlocks A7 / IoTR
型番 参考価格(税別)
OBSA7P/RDPJx オープン
  • ※ xにはJava™ SE for Embeddedのバージョン(7または8)が入ります。
  • Marvell ARMADA 310 600MHz
  • GbE 2ポート
  • PoE受電対応
  • メインメモリ オンボード 1GB
  • 環境温度55℃で動作可能(ACアダプタ含む)
  • SATA SSD実装可能(有償オプション、DPパッケージを除く)

ベースハードウェア「OpenBlocks A7」の詳細はこちら

OpenBlocks 3G・rs485オプション

概要

「OpenBlocks A7/IoTR」は、汎用LinuxサーバーであるOpenBlocks A7をベースとし、拡張性に優れたインターフェースを持つ他、インターネットでの標準プロトコルTCP/IPはもちろん、IEEE1888、REST、SOAPなどの高度な広域インターネットプロトコルへの対応、データの加工や処理・判断のための柔軟で高度なプログラミングが可能です。またOracle Java SE Embeddedが搭載されており、既存のソフトウェア資源を、高い移植性を活かし動作させることができます。
加えて、ルーター機能の強化により、多拠点・多地点へのIoT展開が安定かつ容易に実現可能となりました。今後のIoTサーバーに必要なローカルエッジにおける情報処理の実現とともに、従来はルーター+サーバーの2機種構成であったシステムを1機種で実現します。
IoTルーターエディションのマイクロサーバーである「OpenBlocks A7/IoTR」を使用することにより、システム構築の際に機器を削減でき、機器構成がシンプルになり、システム管理のコストも削減できます。

OpenBlocks A7IoTR クリックで拡大


特長

ルーター機能の搭載

M2MやIoTのインフラを維持・管理するためのルーター機能を搭載しています。

  • PPPoE設定
  • DNSリレー/キャッシュ機能
  • DHCPサーバー/リレー機能
  • Syslog機能
  • NTPサービス
  • スタティックルーティング
  • ソースルーティング
  • NAT機能
  • パケットフィルタリング機能
  • 仮想インターフェース機能(LinuxのIPエイリアス)

ルーターの設定方法

CUI(SSH、コンソール、telnet)

プログラマブル

OpenBlocks A7をベースハードウェアに採用し、高速なCPUと1GBのメインメモリを標準搭載しました。Linux公式カーネルがサポートしている機種であり、Oracle Java SE Embeddedの使用も可能なため、柔軟で自由度の高いプログラム処理が可能です。

多様なネットワークアクセス

ローカルネットワークとアクセスネットワークへ同時対応可能なインターフェースをもち、センサーや制御機器等、多様なローカルデバイスが接続可能です。各種ローカルバスへの接続も可能でかつ、TCP、UDP、REST、SOAP等多数の通信プロトコルを利用でき 、LAN/WANおよびインターネット接続を容易に実現します。

■ OpenBlocks A7/IoTRの構成

OpenBlocks A7IoTR クリックで拡大



ページの先頭へ戻る