ホーム製品情報OpenBlocks IoT Family

OpenBlocks IoT BX1 FAQ

OpenBlocks IoT BX1 FAQ

以下よりFAQカテゴリをお選びください。

ハードウェアソフトウェア設定・使い方トラブルシューティングその他

INDEX

  • 開発ボードのI2Cに接続されている温湿度センサはどのように使用すれば良いですか?(IoTファミリ)
    利用するにはお客様にてプログラムを作成する必要があります。

    当社にて公開可能な情報としては以下となります。
    ・センサー型番:Alps社製HSHCAL001B
    ・接続バス番号:6番
    ・デバイス名:/dev/i2c-6
    2017/02/16
  • オプションの「USB給電二又ケーブル/RS232C付き」におけるRS232C部分のピンアサインについて
    OpenBlocks IoT BX1/BX3オプションの「USB給電二又ケーブル/RS232C付き」におけるRS232C部分のピンアサインは以下の通りです。
    1:RTS
    2:NC
    3:TxD
    4:GND
    5:GND
    6:RxD
    7:NC
    8:CTS
    2017/08/24
    UPDATE
    693
    一覧へ戻る
  • watchdog について(IoT ファミリ)
    OpenBlocks IoT ファミリの各モデルでは、ハードウェア watchdog 機能が実装されています。
    本体起動時に wd-keepalive プロセスが起動し、30秒毎にtimeout値である90秒のタイマをクリアしています。

    ※ クリア間隔、timeout 値の変更は出来ません。
    2017/08/24
    UPDATE
    687
    一覧へ戻る
  • オプションの「USB給電二又ケーブル/RS485付き」におけるRS485部分のピンアサインについて
    OpenBlocks IoT BX1/BX3オプションの「USB給電二又ケーブル/RS485付き」におけるRS485部分のピンアサインは以下の通りです。

    白  B(-)
    緑  A(+)
    黒(細)GND
    黒(太)SHELL

    通信を行うデバイス名は、"/dev/ttyMFD1"です。

    また、ターミネータを有効にする必要がある際には下記コマンドを実行ください。

    # echo 12 > /sys/class/gpio/export
    # echo out > /sys/class/gpio/gpio12/direction
    # echo 1 > /sys/class/gpio/gpio12/value

    ※/etc/rc.localに記述することで、起動時に自動的に有効になります。

    サンプルプログラム等のご用意はございません。
    2017/08/24
    UPDATE
    683
    一覧へ戻る
  • モバイル回線(3G・NTTドコモ系)で使用可能な SIM を教えて下さい。
    NTTドコモ MVNO各社のSIMが対応しています。
    MVNOにて接続実績があるのは、IIJmio、DTI、OCNとなります。
    2016/06/22
直販サイト「ぷらっとオンライン」のバナー
OpenBlocks IoT Family 情報メール配信の登録バナー
AirManage for IoT
iotセンサー・デバイスパートナープログラム

ページの先頭へ戻る