ホーム製品情報OpenBlocks A FamilyA7

FAQ

FAQ

OpenBlocks A7 FAQ

以下よりFAQカテゴリをお選びください。

ハードウェアソフトウェア設定・使い方トラブルシューティングその他

INDEX

  • 再起動したらステータスインジケーターが 3 色同時点灯したまま起動しなくなりました。(OBSA7,EBA7/IPV6)
    USB メモリを利用したファームウェアの上書きを行うことで復旧できます。

    - 事前準備 -
    1.USBメモリを用意、利用していたバージョンのファームウェアファイルをUSBメモリの直下に保存します。
    ファームウェアのファイル(uImage.initrd.obsa7)は下記よりダウンロード可能です。
    http://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSA7/(OSのコードネーム)/(FW.Ver)/


    2.操作端末と装置本体をコンソール接続します。接続方法、設定については下記ドキュメント内、
    「各部の名称 [A7]」および、「シリアルコンソールでの接続」の項をご確認ください。
    OpenBlocks Aファミリユーザーズガイド
    https://openblocks.plathome.co.jp/common/pdf/OBSA_UsersGuide_1.3.1.pdf


    - 作業手順 -
    1.ターミナルソフトを起動し、本体の電源を入れます。起動直後から”Enter”キーを連打し、
    u-bootプロンプト(openblocks>>)を起動させます。


    2.USBメモリを本体のUSBポート(どちらでも可)に挿入、下記のコマンドを発行します。

    openblocks>> run update_linux

    実行の結果、XXXXXXXXX bytes written:OK と表示されれば上書きは完了です。


    3.USBメモリを抜き、resetコマンドにて再起動してください。

    openblocks>> reset
    2019/12/05
  • apt-getコマンドがエラーとなりパッケージのインストールや更新に失敗する。(A シリーズ Debian7・wheezy を利用)
    Debian Project 側でリポジトリサーバーが変更になりました。 /etc/apt/sources.listを以下の内容に変更してください。

    - A シリーズ共通 -
    deb http://archive.debian.org/debian wheezy main
    deb-src http://archive.debian.org/debian wheezy main

    - OBSAX3 の場合 -
    deb http://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/debian/wheezy ./

    - OBSA7 の場合 -
    deb http://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSA7/debian/wheezy ./

    - OBSA6 の場合 -
    deb http://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSA6/debian/wheezy ./
    2019/11/18
  • イーサネットポートETHER-1でLANケーブルの抜き差しをしても、dmesgや/var/log/messagesなどに表示されません。
    ファームウェア3.2.40-1のカーネルのバグです。 ファームウェアをバージョン3.2.40-2以降にアップデートしてください。
    2013/10/09
  • ファームウェアアップデートを実行したら起動しなくなりました。どうすれば復旧できますか。
    TFTPサーバを利用したファームウェアのアップデートを行うことで復旧できます。

    1. ファームウェアをダウンロードしておきTFTPサーバ側で指定した場所におきます。

    ファームウェアは下記よりダウンロードしてください。
    • AX3
    • http://openblocks.plathome.co.jp/support/software/ax3/
      開発用ファイル一式
    • A7
    • http://openblocks.plathome.co.jp/support/software/a7/
      開発用ファイル一式
    • A6
    • http://openblocks.plathome.co.jp/support/software/a6/
      開発用ファイル一式
    • 600D
    • http://openblocks.plathome.co.jp/support/software/600d/
    • 600
    • http://openblocks.plathome.co.jp/support/software/firmware/600/


    ファームウェア名
    • AX3
    • uImage.initrd.obsax3
    • A7
    • uImage.initrd.obsa7
    • A6
    • uImage.initrd.obsa6
    • 600D
      • uImage.initrd.obs600
      • uImage.initrd.squeeze
      • uImage.initrd.lenny
    • 600
    • uImage.initrd
    ダウロードしたファームウェアのファイル名は変更しないでください。 OpenBlocksにはファームウェアのファイル名が設定されています。
    ただし、600DのみuImage.initrdに変更してください。

    TFTPサーバをインストールしていない場合には、
    http://www.tftpd64.com/tftpd32_download.html
    から
    tftpd32 standard edition (installer)
    をダウンロードして、インストールしてください。
    設定は、「Tftp Server」タブを選択し、「Current Directory」には、ファームウェアを置くフォルダ(例えばC:TFTP)を指定します。 または、「Settings」ボタンを押し、「TFTP」タブを選択して、「Base Directory」で指定します。

    2. ETHER-0とPC を添付のクロス・ケーブルで接続します。

    • AX3, A7, A6
    • ETHER-0のIPアドレスは192.168.254.254/255.255.255.0として動作しますのでPC側は、192.168.254.1/255.255.255.0にしてください。
    • 600D, 600
    • ETHER-0のIPアドレスは192.168.253.254/255.255.255.0として動作しますので PC側は、192.168.253.1/255.255.255.0にしてください。


    3. 本体のディップ・スイッチ2をONにします。

    4. 電源を入れます。

    自動的にファームウェアのダウンロード、アップデートが開始されます。

    所要時間は5分程度です。

    5. ファームウェアのアップデートが完了しますとLEDの状態が下記のようになります。

    • AX3/A7/A6  消灯
    • 600     緑点滅
    参考
     動作中の点灯状態は以下です。
    • AX3 データロード中:赤点灯 / 書き込み中:橙点灯
    • A6/A7 データロード中:赤点滅 / 書き込み中:緑点滅
    • 600  データロード中:橙点滅 / 書き込み中:橙緑点滅


    6. 電源を抜き、ディップ・スイッチ2をOFFにします。

    ※上記作業を Windows10 で実施される場合、一時的にファイアーウォールを無効にしていただくか、 「コントロールパネル」の「Windowsファイアウォール」にて、「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」で"設定変更"をクリックしてから「別のアプリの許可」の部分で、TFTPサーバーの実行ファイル(exeファイル)を許可指定する必要がありますので予めご注意ください。
    2018/08/23

ページの先頭へ戻る