ホーム製品情報OpenMicroServer

仕様

仕様

ハードウェア仕様

品名 OpenMicroServer™
型番 OMS-AL400/128
CPU AMD Alchemy au1550 400MHz
MEMORY 128MB(PC133 SDRAM)
FLASH ROM 16MB(ユーザーエリア 約2MB )
Network I/F 10/100BaseTX × 1ポート(PoE受電可能) chip:CPU au1550 内蔵 × 1
10BaseT/100BaseTX/1000BaseT × 2ポート chip:Intel LU82541PI × 2
Serial RJ-45 × 2ポート × 1
(FULL結線 × 1 + 3線(コンソール専用) × 1)
その他 外部I/F USB2.0(TYPE A)× 2ポート chip:NECuPD720101F1-EA8-A
Digital I/O × 8bit (IN・4bit/Out・4bit) 2mmピッチピン・LVTTL-3.3V
内蔵ストレージ CF TYPE-2 (PIOモード4 CFカード)
スイッチ INITスイッチ
表示・警告LED ステータス × 3
LANアクセス
外形寸法 102(W)× 230(D)× 33(H)mm ゴム足0.5mm
本体材質 アルミ合金製
重量 約445g
電源 DC12V/3.0A (専用ACアダプタ付属)
または、PoE受電(TYPE A/B)
専用ACアダプタ外形寸法 49.5 (W) × 99.5(D) × 25.5 (H) mm
消費電力
(装置周辺温度25℃時)
[ 動作時 ]
単体:10.1VA(8.1W)以下
CF搭載時:10.1VA(8.1W)以下
USBメモリ使用時:11.4VA(9.1W)以下
[ 待機時 ]
単体:9.5VA(7.6W)以下
CF搭載時:9.5VA(7.6W)以下
USBメモリ使用時:10.6VA(8.5W)以下
電源条件 許容電圧変動:90V-264V
周波数:50/60Hz 単相
温度条件
動作時装置周辺温度
0-50℃(PoE受電時)
0-40℃(ACアダプタ使用時)※1
湿度条件 20-80%Rh *結露しないこと
エネルギー消費効率 お問合せ下さい
保証 当社出荷日よりセンドバック3年保証
>> OpenBlockSシリーズ 仕様比較表へ

※1 ACアダプタ使用時の温度条件の表記について
過去、弊社独自にマージンをとり、許容温度について低めに表記しておりましたが、十分なマージンがあることから、40℃と表記を改めました。

オプション

コンパクトフラッシュ PH-2G/A30024(2GB)
PH-4G/A30024(4GB)
PH-8G/A30024(8GB)
PH-16G/A30024(16GB)
シリアル変換アダプタ PH-RD/RH (RJ45-DB9 クロス 変換アダプタ)
ラックマウントキット OMS-RM4/RH( 19”ラック・1UにOMS×4台搭載 )
保証 当社出荷日よりセンドバック1年保証

詳細についてはオプションページをご覧ください。

ソフトウェア仕様(出荷時標準)

ディストリビューション SSD/Linux 0.4
カーネルバージョン 2.6.12
Glibc 2.3.3
Gcc 3.3.5  ※ gcc を利用するには、開発環境の構築が必要です
ファイルシステム ext2, ext3
IPプロトコルスタック IPv4、IPv6(標準でENABLE設定)
標準機能 デフォルトルーティング、スタティックルーティング、iptablesによるパケットフィルタリング、LinuxカーネルモジュールによるIPマスカレード、等
その他機能 JumboFrame、タグ付きVLAN

製品パッケージ内容

パッケージ内容 簡易設定ガイド(含保証書)一式
本体 × 1
専用ACアダプタ × 1
ACアダプタ用電源ケーブル(1.8m) × 1
RS232C用ストレートケーブル(30cm)× 1
RS232C用RJ45-Dsub9ピン(メス)変換アダプタ × 1
CD-ROM(詳細マニュアルPDF、ソフトウェア)1枚
フェライトコア

規格

安全設計準拠 安全規格適合

  • 国際電気標準会議:IEC950準拠
  • 北米:CSA/UL規格認定
  • 欧州:CEマーク 取得
  • 日本:電安法<PS-E> 対応  電波法、電気通信事業法は対象外

妨害電波規制規格 適合

  • 北米:FCC ClassA
  • 日本:VCCI ClassA

グリーン購入法適合※1

適合
省エネ法に基づく表示は、エネルギー消費効率をご覧ください。

鉛フリー、RoHS指令適合※2

鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE 非含有

※1 グリーン購入法適合とは
2001年4月に施行されたグリーン購入法により、国の機関は取り組むことが義務、地方自治体は努力義務、と定められており、物品の調達基準として必須となっています。また、一般事業者や国民にも一般的責務があります。

※2 鉛フリー、RoHS指令対応とは
各種電子部品やハンダ材に含まれる鉛やRoHSに挙げられる6物質は、環境汚染物質の代表とされ、ISO14001を代表とする環境マネジメントシステムの構築において、含有製品の購買等を禁止する企業が増えています。

ページの先頭へ戻る