ホーム製品情報OpenMicroServer

ソフトウェアの特長

ソフトウェアの特長

SSD/Linuxの継承とDebian対応

OMS-AL400/128では、標準のOSとしてSSD/Linuxを継承しています。SSD/Linuxは「SotokandaSoftwareDistribution」として、OpenBlockS200用として誕生し、以降、ぷらっとホームとお客様やユーザグループの方々によって、進化、発展してきました。 ぷらっとホームでは自社内で、パッケージやドライバの検証、改修、カスタマイズ等を行っています。それらは正式なパッケージアップデートの時期に左右されず、弊社「オープンラボラトリー」において、コンパイル済ソフトウェア、Currentファームウェア等が日々アップデートされています。

公開情報 http://www.plathome.co.jp/support/labo/

  • ファームウェア
  • シリアルセットアップツール
  • 各種ガイド/仕様書
  • 各種イメージ
  • CD-ROMの内容
  • コンパイル済ソフトウェア
  • 開発環境
  • その他のツール

OMS-AL400/128においても、この形を維持してまいります。

本体のみでも様々な機能を実現可能

本体(オンボードメモリ)のみでも、以下のような機能が実現可能となっています。

  • DHCPサーバ/クライアント
  • DNSサーバ
  • FTPサーバ/クライアント
  • HTTPサーバ
  • iptablesによるパケット・フィルタリング
  • Mailサーバ
  • PPPクライアント
  • PPPoEクライアント
  • Telnetサーバ

開発環境を無償提供

ハードウェア、及びソフトウェアの仕様はすべて公開しています。開発環境は、セルフコンパイル環境、クロスコンパイル環境ともに無償で提供致します。お客様において、自由にカスタマイズ・開発を行っていただけます。

ファームウェアに Linux カーネル 2.6系を採用

2.6系 の Linux カーネルをベースにファームウェア開発を行っております。2.6系採用によって、USB-VGA アダプタや、USB-Wireless等 使用できるデバイスの幅が広がります。

Debian (3.1 SARGE) 対応

Debian 完全オープンソースOSのSSD_Linuxは1つの大きな価値ですが、用いるのにある程度以上の知識が必要である反面、関連書物等が用意されているわけでもなく、いわゆる「敷居が高い」状態にあるとも言えます。 そこで、一般的なディストリビューションの対応のご要求が高まる中、OpenBlockS266では、2005年6月に「Debian (3.1 SARGE)」インストール方法のご案内を開始いたしました。OMS-AL400/128では、ハードウェアリリース時点で同様の対応を行ないます。
また、ユーザーズグループの方々のご協力によりOpenBlockS266はNetBSDのソースツリーに組み入れられ(NetBSD-2.1 からカーネル・イメージ・ファイルが配布されました。)、インストールの方法もご提示させていただいておりますが、同様の働きかけも行っていく予定です。

IPv6対応

Linux カーネル 2.6.12、USAGI STABLE RELEASE 6 を採用し、標準搭載と致しました。IPv6を使用した、アプリケーションサーバの構築が容易になります。

OpenBlockS266から継承した設定ツール

基本機能設定ツールとして、WEB設定ツール・シリアル設定ツールを提供します。インタフェースはOpenBlockS266と共通となっています。

Flash ROM 16MB、ユーザエリア 2MB

OpenBlockS266の倍の16MBになりました。ユーザエリアは64Kbyteから2MBとなり、事実上設定ファイル等しか入らなかったOpenBlockS266に対して、Flash ROMのみで完結できるパッケージの幅が広がりました。


ページの先頭へ戻る