ホーム

AirManage for IoT

AirManage for iotメインイメージ

AirManage for IoTが実現する事

AirManage for IoTはIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」の統合遠隔管理サービスです。OpenBlocks IoT Familyの管理者が遠隔地からセキュアに設定・監視・メンテナンスを実施する事ができ、IoTシステムの設置・運用コスト削減を実現します。

AirManage for iot管理WEB画面

AirManage for IoT 管理WEB画面

遠隔監視

遠隔監視のアイコン

複数の拠点に設置されたOpenBlocks IoT Familyが正常に動作しているかや、特定のイベント発生有無を監視します。

リモートWEB UIアクセス

リモートWEB UIアクセスのアイコン

OpenBlocks IoT FamilyのWEB UI画面へリモートでアクセスする事ができ、個々の設定変更などを行う事が可能です。

リモートアップデート

リモートアップデートのアイコン

OpenBlocks IoT Familyのシステムソフトやセキュリティのアップデートが可能です。

導入事例

サービスプラン

お客様の利用形態に応じ、3つのプランをご用意しております。小規模なIoTから大規模なIoTシステムまで幅広くご提供可能です。

各サービスプランのイメージ
  • *1 - 2か月間の無償トライアルが可能です。
  • *2 - 最低1年間の年間契約になります。
  • *3 - 管理台数の目安台数になります。
各サービスプランの概要イメージ

主な機能

遠隔監視機能

複数の拠点に設置されたOpenBlocks IoT Familyが正常に動作しているかを一括監視可能です。また、お客様のネットワーク環境に応じて、常時接続しリアルタイムに監視する常時型と、オンデマンド型と2種類の接続形態から選択可能です。

遠隔監視機能のイメージ

常時型    :常に監視セッションをAirManage for IoTサービスと保ち、リアルタイムにステータス通知が可能。さらに個々のOpenBlocks IoT FamilyのWEB UIを閲覧可能。

オンデマンド型:指定した時間間隔でセッションを開始し、ステータスなどの情報交換後にセッションを切断。通信量が少なく回線コスト低減も可能。

リモートWEB UIアクセス

AirManage for IoTのサーバーを経由し、管理下にあるOpenBlocks IoT FamilyのWEB UI画面へリモートでアクセスする事ができ、個々の設定変更や確認を行う事が可能です。
※常時型での接続時のみご利用可能です。

リモートアップデート機能

導入済みのOpenBlocks IoT Familyのファームウェアのバージョン情報を監視し、常に最新のファームウェアに自動でアップデートする事が可能です。また、OpenBlocks IoT Familyのファームウェアだけでなく、お客様自身がOpenBlocks IoT Familyへ追加したソフトウェアもアップデート管理が可能です。

リモートアップデート機能のイメージ

その他の機能

グループ管理機能

個々のOpenBlocks IoT Familyをグループ分けすることができ、グループ毎接続形態の設定やアップデートの実行が可能です。

時間指定アップデート機能

グループ毎、ノード毎に指定した時間にアップデートを開始する事が可能です。

サポートログ取得機能

OpenBlocks IoT Family障害発生時の解析に必要なログをリモートで取得可能です。

Web API

管理下にあるOpenBlocks IoT Familyのステータスの概要などをAPIで取得可能で、お客様の運用形態に合わせたIoTシステム構築が可能です。

AirManage for IoT 管理画面例

ノード概要

管理下にあるOpenBlocks IoT Familyの総数をはじめ、アップデートの有無、接続不能などのステータスをサマリーで確認する事ができます。

ノード一覧画面

登録されているノードの一覧表示や、各種ステータスの確認、設置場所、ノードに対する各種アクション(WEB UIへのアクセス、ノードの設定、サポートログの取得など)を一括管理する事ができます。

ダウンロード設定、更新設定

OpenBlocks IoT Familyの各種ソフトウェアのアップデートファイルを手動でダウンロードしたり、時間を指定しダウンロードする事が可能です。また、ダウンロードしたアップデートファイルを適用するタイミング(即時適用か時刻)を指定する事が可能です。

ノードカテゴリ管理画面

ノード毎にカテゴリ分けを行い、監視対象のソフトウェアパッケージを選択する事ができます。

ノードカテゴリ編集画面

ノードカテゴリ名の編集や、監視対象ソフトウェアパッケージの設定、リポジトリサーバーの指定等を行います。自身でOpenBlocks IoT Familyへ追加したソフトウェアパッケージもアップデート監視対象とする事が可能です。

デモ用サービス

デモ用のアカウントを通じ、AirManage for IoTの実際の操作感や機能をすぐにご確認頂けます。

AirManage for IoTアカウント WEB-UIアカウント
メールアドレス パスワード ID パスワード
デモアカウント1 demo1@airmanage00.plathome.co.jp airmanage00 demo1 demo1
デモアカウント2 demo2@airmanage00.plathome.co.jp airmanage00 demo2 demo2
デモアカウント3 demo3@airmanage00.plathome.co.jp airmanage00 demo3 demo3
  • ※ デモアカウント1〜3はすべて同じ内容のアカウントになります。
  • ※ 操作性・機能確認用デモ用アカウントの為、複数人が操作する可能性がございます。また設定内容などは保存されません。

デモ用AirManage for IoT ログイン画面

サービスプラン・価格

名称:「AirManage for IoT」SaaS

サービスプラン名 エントリープラン ※2 スタンダードプラン エンタープライズプラン
サービス価格(月額) ※1 ¥10,000 ¥100,000 規模に応じて個別見積
管理対象台数 10 台まで 100 台程度 ※3 制限なし ※4
機能 ノード管理 ノード追加 - ※5
ノード削除
テナント管理 テナントの追加 -
テナントの削除 -
管理権限 ※6 テナント管理者権限 システム管理者権限 システム管理者権限
  • ※1 ・・・最低 1 年間の年間契約になります。
  • ※2 ・・・2 か月間の無償トライアル期間が付属します。
  • ※3 ・・・管理台数の目安台数になります。また、スタンダードプラン(約100 台)の規模を超える場合、 契約期間中にエンタープライズプランへ移行する事も可能です。
  • ※4 ・・・ひとつの AirManage for IoT サーバーでの最大管理可能ノード数は 8,000 台程度になります。
  • ※5 ・・・ノードの追加はぷらっとホームにて対応致します。
  • ※6 ・・・システム管理者・テナント管理者でできる事の違い:
    • ● システム管理者(スタンダードプラン/エンタープライズプランに付与される権限)
      • ・ノード管理:OpenBlocks IoT Family(ノード)をAirManage for IoT 管理下に追加・削除
      • ・テナント管理:テナントの追加・削除
      • ・その他、テナント管理者で出来ることの全て
    • ● テナント管理者(スタンダードプラン/エンタープライズプラン/エントリープランに付与される権限)
      • ・ノード管理:OpenBlocks IoT Family(ノード)をAirManage for IoT 管理下から削除

各種情報

対応機種

※ファームウェアver.2.1以上にてご利用頂けます。

利用条件

OpenBlocks IoT Familyがインターネット通信可能である事

1管理単位で収容可能なノード数

8,000台
※クラウドサービスのため管理単位を無制限に増やすことが可能です。



ページの先頭へ戻る