ホーム製品情報OpenBlocks IoT Family

OpenBlocks IoT BX5 概要

OpenBlocks IoT BX5 概要

NTT ドコモ LTE/3G と KDDI LTE に対応した IoT ゲートウェイ

OpenBlocks IoT BX5

NTTドコモ 4G LTE/3G および KDDI LTE 網対応に対応し、地域 BWA、WLAN 、BT の 無線モジュールを標準搭載した IoT ゲートウェイです。
41.6(W)x96(D)x11.3(H)mm の極小サイズで様々な場所への設置が可能です。 そして新たに IoT に必要である多様な機能を含むファームウェア 「IoT Gateway Firmware 2.x」も搭載。 また各種オプションケーブルを使用することで USB、RS-232C、RS-485、GPIO などのインターフェースも利用可能です。

型番 : OBSBX5 | 参考価格 : オープン

インターフェイス

※ オプションは全て製品出荷時オプションです。ご購入頂いた本体に実装、または同時出荷致します。

IoTに最適なファームウェア IoT Gateway Firmware 2.x 搭載

ファームウェア IoT Gateway Firmware 2.xのロゴ

OpenBlocks IoT Family は IoT システムを実現するために最適な新しいファームウェア 「IoT Gateway Firmware 2.x」(FW 2.x)を搭載しています。

IoT Gateway Firmware 2.x(FW 2.x)

Linux Kernel 4.x および Debian GNU/Linux 8 をベースとし、IoT に必要な様々なソフトウェアを搭載したシステムソフトウエアパッケージです。様々な IoT デバイスと IoT ゲートウェイとのデバイス通信をハンドリングするソフトウェア「PD Handler」、様々な IoT クラウドと IoT ゲートウェイとの通信を行うソフトウェア「PD Emitter」、独立したグラフィカルな管理用ユーザインターフェース「WEB UI」が標準で含まれます。さらに IoT ゲートウェイ上で視覚的にプログラミング可能な「Node-RED」を搭載し、 プロトタイピングから本番導入まで、エッジコンピューティングの容易な実現を支援します。

特長

高性能ハードウェアのアイコン

高性能ハードウェア

500MHz デュアル CPU コア・1GB RAM・4GB FLASH メモリ搭載で、多大なハードウェアリソースを要するソフトウェアを実装出来ます。 また CPU はインテルアーキテクチャ(IA)の為、ソフトウェア開発・実装を容易に行う事が可能です。

フルパッケージLinux搭載のアイコン

フルパッケージ Linux 搭載

OS には汎用の Debian GNU/Linux を採用しており、Linux のもつ豊富なソフトウェア資源が利用可能で、 スピーディーなIoTシステムの構築が可能です。

マルチクラウド対応のアイコン

マルチクラウド対応

Amazon Kinesis や AWS IoT、IBM Bluemix、などのクラウドサービスへとのデータ通信に対応しており、 利活用する IoT データに応じて様々なクラウドサービスを利用可能です。

様々な開発環境に対応のアイコン

様々な開発環境に対応

Node.js を用いた BLE(BT Low-Energy)デバイスの開発や Ruby や Python を使ったクラウド API の クライアント開発など、最新のプログラミング言語を使ったフレームワークを動作させる事が可能です。

IoT構築を支援する機能のアイコン

IoT 構築を支援する機能

センサーやビーコンなどの IoT デバイスと IoT ゲートウェイ間を簡単に接続する機能や、IoT ゲートウェイと クラウド間を接続する機能をはじめ、IoT システムの構築や運用の手間を削減する様々な機能を搭載しています。

インターフェースのアイコン

NTT ドコモ(LTE/3G)・KDDI(LTE)・地域BWA対応

NTT ドコモの LTE/3G および KDDI の LTE や、地域 BWA に対応しています。

対応センサー / デバイス 一覧はこちら

様々な利用シーン

  • 各種センサーとクラウド間を中継する IoT ゲートウェイとして
  • エッジサイドで計算能力を提供する FOG コンピューティングノードとして
  • 多数のセンサーをインターネットへ繋ぐ M2M・IoT ルーターとして

OpenBlocks IoT BX5 I/O 開発ボードセット

IoT ソリューションの開発・検証に

OpenBlocks IoT BX5 I/O開発ボードセット

OpenBlocks IoT BX5 と、各種 I/O やオンボードデバイスを搭載した拡張ボードのセットとなります。

豊富な無線・有線インターフェースを利用し、各種センサーや各種計測機器からのデータ収集、 検査機器の遠隔制御や、ヘルスケア・見守り、警備システム、遠隔モニタ、電力監視など IoT の さまざまな実証開発が可能です。
またセンサーデバイスだけでなく、クラウドシステムとの連携など、さまざまなシステムを 事前に開発・実証することが可能です。

パッケージ比較

パッケージ名 OpenBlocks IoT BX5 OpenBlocks IoT BX5
I/O開発ボードセット
パッケージ
内容
OpenBlocks IoT BX5
本体
I/O開発ボード -
スペーサー・ネジ -
USB 給電
コンソールケーブル
USB Type-A
microUSB ケーブル
-
直販サイト「ぷらっとオンライン」のバナー
OpenBlocks IoT Family 情報メール配信の登録バナー
AirManage for IoT
iotセンサー・デバイスパートナープログラム

ページの先頭へ戻る