ホーム

AirManage for IoT

AirManage for iotメインイメージ

AirManage for IoTが実現する事

AirManage for IoTはIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」の統合遠隔管理サービスです。OpenBlocks IoT Familyの管理者が遠隔地からセキュアに設定・監視・メンテナンスを実施する事ができ、IoTシステムの設置・運用コスト削減を実現します。

AirManage for iot管理WEB画面

AirManage for IoT 管理WEB画面

遠隔監視

遠隔監視のアイコン

複数の拠点に設置されたOpenBlocks IoT Familyが正常に動作しているかや、特定のイベント発生有無を監視します。

リモートWEB UIアクセス

リモートWEB UIアクセスのアイコン

OpenBlocks IoT FamilyのWEB UI画面へリモートでアクセスする事ができ、個々の設定変更などを行う事が可能です。

リモートアップデート

リモートアップデートのアイコン

OpenBlocks IoT Familyのシステムソフトやセキュリティのアップデートが可能です。

主な機能

遠隔監視機能

複数の拠点に設置されたOpenBlocks IoT Familyが正常に動作しているかを一括監視可能です。また、お客様のネットワーク環境に応じて、常時接続しリアルタイムに監視する常時型と、オンデマンド型と2種類の接続形態から選択可能です。

遠隔監視機能のイメージ

常時型:常に監視セッションをAirManage for IoTサービスと保ち、リアルタイムにステータス通知が可能。さらに個々のOpenBlocks IoT FamilyのWEB UIを閲覧可能。
オンデマンド型:指定した時間間隔でセッションを開始し、ステータスなどの情報交換後にセッションを切断。通信量が少なく回線コスト低減も可能。

リモートWEB UIアクセス

AirManage for IoTのサーバーを経由し、管理下にあるOpenBlocks IoT FamilyのWEB UI画面へリモートでアクセスする事ができ、個々の設定変更や確認を行う事が可能です。
※常時型での接続時のみご利用可能です。

リモートアップデート機能

導入済みのOpenBlocks IoT Familyのファームウェアのバージョン情報を監視し、常に最新のファームウェアに自動でアップデートする事が可能です。また、OpenBlocks IoT Familyのファームウェアだけでなく、お客様自身がOpenBlocks IoT Familyへ追加したソフトウェアもアップデート管理が可能です。

リモートアップデート機能のイメージ

その他の機能

グループ管理機能

個々のOpenBlocks IoT Familyをグループ分けすることができ、グループ毎接続形態の設定やアップデートの実行が可能です。

時間指定アップデート機能

グループ毎、ノード毎に指定した時間にアップデートを開始する事が可能です。

サポートログ取得機能

OpenBlocks IoT Family障害発生時の解析に必要なログをリモートで取得可能です。

Web API

管理下にあるOpenBlocks IoT Familyのステータスの概要などをAPIで取得可能で、お客様の運用形態に合わせたIoTシステム構築が可能です。

AirManage for IoT 管理画面例

ノード概要

管理下にあるOpenBlocks IoT Familyの総数をはじめ、アップデートの有無、接続不能などのステータスをサマリーで確認が可能です。

ノード一覧画面

登録されているノードの一覧表示や、各種ステータスの確認、設置場所、ノードに対する各種アクション(WEB UIへのアクセス、ノードの設定、サポートログの取得など)を一括管理する画面可能です。

ダウンロード設定、更新設定

OpenBlocks IoT Familyの各種ソフトウェアのアップデートファイルを手動でダウンロードしたり、時間を指定しダウンロードする事が可能です。また、ダウンロードしたアップデートファイルを適用するタイミング(即時適用か時刻)を指定する事が可能です。

ノードカテゴリ管理画面

ノード毎にカテゴリ分けを行い、監視対象のソフトウェアパッケージを選択する事が可能です。

ノードカテゴリ編集画面

ノードカテゴリ名の編集や、監視対象ソフトウェアパッケージの設定、リポジトリサーバーの指定等を行います。自身でOpenBlocks IoT Familyへ追加したソフトウェアパッケージもアップデート監視対象とする事が可能です。

各種情報

対応機種

・OpenBlocks IoT VX1  ・OpenBlocks IoT EX1
・OpenBlocks IoT BX3  ・OpenBlocks IoT BX3L
・OpenBlocks IoT BX1  ・OpenBlocks IoT BX0

※ファームウェアバージョンv2.1以上にてご利用頂けます。

利用条件

OpenBlocks IoT Familyがインターネット通信可能である事

1管理単位で収容可能なノード数

8,000台
※クラウドサービスのため管理単位を無制限に増やすことが可能です。

サービスのお申し込みについて

現在、無償でベータサービス※の提供を行っており、2017年4月に本サービスへ移行する予定です(有償)。
※最新のファームウェア(ver2.1以降)にアップデートして頂く必要があります。
 OpenBlocks IoT VX1は2月20日より、その他の機種は3月上旬頃にファームウェアver2.1の提供を予定しております。


ページの先頭へ戻る