ホーム製品情報OpenBlocks IoT Family

VX1

IoTエッジコンピューティングを実現するIoTゲートウェイ

OpenBlocks IoT VX1

OpenBlocks IoT VX1はモノとインターネットとの間をつなぐIoTゲートウェイ製品です。IoTエッジコンピューティングに最適な優れたハードウェア性能に加え、IoTに必要である多様な機能を含むファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.0」を搭載し、IoTシステムのスムーズな構築・IoTエッジコンピューティングの実現を支援します。

型番: OBSVX1 参考価格:オープン

インターフェイス

※オプションは全て製品出荷時オプションです。
 ご購入頂いた本体に実装、または同時出荷致します。


製品のお問い合わせ、購入のご相談はこちら

■ OpenBlocks IoT VX1 製品紹介ビデオクリップ

≫ 動画を別窓で開く 

IoTに最適なファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.0」搭載

OpenBlocks IoT VX1はIoTシステムを実現するために最適な新しいファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.0」(FW 2.0)を搭載しています。

「IoT Gateway Firmware 2.0」(FW 2.0)
Linux Kernel 4.xおよびDebian GNU/Linux 8ともに、IoTに必要な様々なソフトウェアを搭載したシステムソフトウエアパッケージです。様々なIoTデバイスとIoTゲートウェイとのデバイス通信をハンドリングするソフトウェア「PD Handler」、様々なIoTクラウドとIoTゲートウェイとの通信を行うソフトウェア「PD Emitter」、独立したグラフィカルな管理用ユーザインターフェース「WEB UI」が標準で含まれます。さらにIoTゲートウェイ上で視覚的にプログラミング可能な「Node-RED」を搭載し、プロトタイピングから本番導入まで、エッジコンピューティングの容易な実現を支援します。

軽量・小型・堅牢な筐体設計

DINレールへの取付に対応

OpenBlocksシリーズの基本コンセプトである超小型・超軽量サイズを踏襲し、筐体重量わずか約160gで壁面や天井等の空間への容易な設置を可能とし、さらに、耐環境性能を大幅に向上させ、様々な場所・用途での設置・運用が可能です。

多様なデバイス、WAN・LAN接続を実現する多様なインターフェース

OpenBlocks IoT VX1
物理インターフェース

IoTデバイス(モノやセンサー)との有線・無線による多様な接続を実現する拡張性の高い各種インターフェースや、クラウドとの通信を実現する各種インターフェースを搭載しています。


◆主なインターフェース

*別途内蔵オプションが必要です。

対応センサー / デバイス 一覧はこちら

デバイスやWANコネクティビティを実現する内蔵オプションに対応

OpenBlocks IoT VX1
内部構造

ワイヤレスWAN接続を実現する通信モジュールやIoTデバイスとのワイヤレス接続を実現するモジュールなど、IoTシステムに応じた内蔵オプションを追加可能です。


◆通信モジュールオプション ラインナップ

  • LTEモジュール(NTTドコモ)
  • LTEモジュール(KDDI)
  • LTE/3Gモジュール(NTTドコモ)
  • LTE/3Gモジュール(ソフトバンク)

◆デバイス通信モジュールオプション ラインナップ

  • EnOceanモジュール
  • Wi-SUNモジュール

対応パートナーソリューション

HULFT IoT Readyのロゴ

株式会社セゾン情報システムズ

※外部サイトに移動します

製品のお問い合わせ、購入のご相談はこちら
直販サイト「ぷらっとオンライン」のバナー
OpenBlocks IoT Family 情報メール配信の登録バナー
AirManage for IoT
iotセンサー・デバイスパートナープログラム
IoT Family 導入事例

ページの先頭へ戻る