ホーム製品情報OpenBlocks IoT Family

EX1

多様な有線I/Fを標準搭載、拡張性の高いIoTマイクロサーバー

OpenBlocks IoT EX1

BluetoothやWi-Fiに加え、センサーや業務用機器などの機器と接続するためのRS-232C/RS-485や有線インターネット接続のためのEthernetポートなど多様な インターフェースを標準搭載し、さらに3G/LTEやWi-SUN・EnOcean等のモジュールも搭載可能です。

>>特設ページはコチラ

OpenBlocks IoT Familyの最新情報をメールにて配信中

配信の登録はこちらから

型番: OBSEX1 参考価格:オープン

インターフェイス

オプションは全て製品出荷時オプションです。
ご購入頂いた本体に実装、または同時出荷致します。


towami_ready
SORACOM Airに対応
※外部サイトに移動します

特長

高性能ハードウェア

500MHzデュアルCPUコア・1GB RAM・4GB FLASHメモリ搭載で、多大なハードウェアリソースを要するソフトウェアを実装出来ます。またCPUはインテルアーキテクチャ(IA)の為、ソフトウェア開発・実装を容易に行う事が可能です。

フルパッケージLinux搭載

OSには汎用のDebian GNU/Linuxを採用しており、Linuxのもつ豊富なソフトウェア資源が利用可能で、スピーディーなIoTシステムの構築が可能です。

マルチキャリア対応

大手3キャリアやMVNO各社の3G通信やLTE通信をサポートし、要件に応じたネットワーク接続環境を選択可能です。

対応キャリア
・NTTドコモ(3G W-CDMA)
・ソフトバンク(3G W-CDMA)※1
・KDDI(4G LTE)※2
・その他MVNO各社

※1 法人様向けM2M用SIMカードにのみ対応しています。
※2 au VoLTE 対応 SIM には対応しておりません。 KDDI が法人・ ビジネス向けに提供する料金プラン「LTE 通信モジュールデータ シングルサービス」にて ご利用可能です。

マルチクラウド対応

Amazon KinesisやAWS IoT、IBM Bluemix、などのクラウドサービスへとのデータ通信に対応しており、利活用するIoTデータに応じて様々なクラウドサービスを利用可能です。

あらゆる開発環境に対応

Node.jsを用いたBLE(Bluetooth Low-Energy)デバイスの開発やRubyやPythonを使ったクラウドAPIのクライアント開発など、最新のプログラミング言語を使ったフレームワークを動作させる事が可能です。

IoT構築を支援する機能

センサーやビーコンなどのIoTデバイスとIoTゲートウェイ間を簡単に接続する機能や、IoTゲートウェイとクラウド間を接続する機能をはじめ、IoTシステムの構築や運用の手間を削減する様々な機能を搭載しています。

OpenBlocks IoT Family 共通の機能

SMS遠隔操作機能やシリアル通信リダイレクト、設定用Web UIなど、快適なIoTシステム運用を実現するための機能がOpenBlocks IoT Familyに搭載されています。
◆ 詳細はこちらから

あらゆる有線インターフェースを搭載

Ethernetポートをはじめ、RS-232C/RS-485、USBなどの様々な有線インターフェースを標準装備し無線では接続出来ないIoTデバイスとの接続を実現します。

多様なオプションモジュールを搭載可能

基盤にオプションモジュールを装着可能なコネクタを2つ搭載し、3G・LTEモジュールをはじめ、Wi-SUNやEnOceanなどのワイヤレスモジュールを搭載可能です。

様々な利用シーン

  • 各種センサーとクラウド間を中継するIoTゲートウェイとして
  • エッジサイドで計算能力を提供するFOGコンピューティングノードとして
  • 多数のセンサーをインターネットへ繋ぐM2M・IoTルーターとして
ex1 様々な利用シーン

クリックで拡大

製品のお問合せ、ご購入の相談はこちらから

iotセンサー・デバイスパートナープログラム
IoT Family 導入事例

ページの先頭へ戻る