ホーム製品情報OpenBlocks A Family

A7InCabi

OpenBlocks A7InCabi
OpenBlocks A7 / InCabi
型番 参考価格(税別)
OBSA7/CDP オープン
  • 環境温度-20℃〜65℃で動作可能(ACアダプタ含む)
  • Marvell ARMADA 310 600MHz
  • GbE 2ポート
  • メインメモリ オンボード 1GB

ベースハードウェア「OpenBlocks A7」の詳細はこちら

カタログPDF

概要

「OpenBlocks A7/InCabi」はベースモデルであるOpenBlocks A7の優れた拡張性やパワフルなコンピューティング能力をそのまま踏襲しており、2ポートのGbEや1GBのメインメモリを搭載した他、インターネットでの標準プロトコルTCP/IPはもちろん、汎用Linuxの特徴を活かしHTTP、REST、SOAPなどの高度な広域インターネットプロトコルへの対応が可能です。

a7/incabi

さらに、これまでニーズの多かった、寒冷地や極寒地域、また猛暑地域など、多様な環境におけるキャビネット内収容を実現するため、本体動作温度を拡大しました。
これにより、従来に比べ大幅に多様な環境でも、汎用サーバーであるOpenBlocksの能力をフルに生かした高度な情報処理や多様なセンサーとの情報収集・加工・伝送といったIoTシステムが容易に実現可能になります。


特長

高温から低温まで幅広い温度環境でのキャビネット実装に対応

OpenBlocks A7/InCabi 従来のサーバー
温度条件 -20℃〜65℃ 0℃〜35℃
湿度条件 5%〜95%Rh 20%〜80%Rh

M2MやIoTに最適なインターフェース

  • USBポート(外部×2・内部×2)
     高信頼の3G通信モジュールを搭載可能(オプション)
  • シリアルポート(外部×2・内部×2)
     RS-485コネクタ(オプション)や各種センサーデバイスを装着可能

Oracle Java搭載(オプション)による柔軟なプログラミング

汎用サーバーであるOpenBlocks A7をベースハードウェアはLinux公式カーネルがサポートしている機種であり、オプションでOracle Java SE Embeddedの使用も可能なため、柔軟で自由度の高いプログラム処理が可能です。

多様なネットワークアクセス

ローカルネットワークとアクセスネットワークへ同時対応可能なインターフェースをもち、センサーや制御機器等、多様なローカルデバイスが接続可能です。各種ローカルバスへの接続も可能でかつ、TCP、UDP、REST、SOAP等多数の通信プロトコルを利用でき 、LAN/WANおよびインターネット接続を容易に実現します。



お問合せ

この製品について問合せる

ぷらっとオンライン

販売サイトで即購入する

サポートサービス
徹底レビューと活用レシピ OBSAファミリ サーバ実力診断
OpenBlocks 導入事例

> すべてを見る


ページの先頭へ戻る