ホーム製品情報

OpenBlocks 266

OpenBlockS266 メモリ128Mモデル(ROM:16MB RoHS対応)
型番:OBS266/128/16R
参考価格:47,109円(税込)

販売終了のお知らせ

≫ OpenBlocks 600ファミリをご検討ください

  • 手のひらサイズのコンパクト筐体
  • ファンレスで、故障要因を排除
  • 周辺温度0〜40℃での動作を保証
  • 低消費電力の省エネ設計
  • CFカード、2.5インチSSD(Solid State Drive)搭載可能(排他)
  • 内蔵ROM容量が8MBから16MBに拡張
  • CFカード、DMAモードに対応
  • Debian GNU/Linux インストール可
  • NetBSD対応
  • シンプルで充実のOS SSD/Linux搭載
  • セルフ・クロスのSSD/Linux開発環境を提供
  • RoHS指令に対応

トピックス

>

特長

手のひらサイズのコンパクト筐体

114.5(D)×81(W)×38(H)mmの筐体サイズで設置場所に困りません。専用ラックなら1Uに5台設置可能です。

ファンレス、故障要因を排除

アルミ筐体を利用した放熱設計で周辺温度40℃での動作を保証。標準構成ではファンなどの駆動部品を搭載していないため静粛性に優れ、故障要因が少なくなっています。

CFカード、2.5インチHDD搭載可能

CFカードまたは2.5インチHDDが本体内に搭載可能です。(排他)
大量のログの取得・保持などの用途に適しています。

Debian対応

一般的なディストリビューションとして、Debian にも対応しております。インストール用イメージを技術情報で公開しています。

NetBSD対応

NetBSD2.1より正式にソースツリーに組み込まれました。

RoHS指令に対応

鉛、カドミウム、六価クロム,水銀,PBB、PBDEの6物質を含有しません。ヨーロッパの厳しい環境基準も満たしています。

内蔵ROM容量が倍増

本体内蔵FLASH ROMを8MBから16MBに拡張。
ユーザー領域が64KBから3.6MBになりました。パッケージ展開など、CFカードを必須としたご運用も、本体のみで行なえます。

CFカードがDMAモードに対応

これまでは、特殊仕様の高価な専用CFカードを利用していましたが、OpenMicroServerのCFカードと両用になりました。DMAモードに対応し、従来のPIOモードに比べ、データ転送速度(Read)・4.72倍を確認しました。

「hdparm」で実測
  PIOモード:2.26MB/sec
  DMAモード:10.67MB/sec

標準実装のOSおよびソフトウェア

OS:
SSD/Linux
セットアップツール:
WEBベースGUIセットアップツール
Windowsシリアルセットアップツール
サービスソフトウェア:
DHCPサーバー/クライアント
DNSサーバー
FTPサーバー/ クライアント
Telnetサーバー
Mail Transfer Agent
PPPクライアント
PPPoEクライアント
パケットフィルタリング(iptables)
httpd(セットアップ用)

※ Mailサーバーとしては MTA 機能のみを含みます。メールの取得等には、POP3/IMAP4の追加インストールが必要となります。

センドバック3年保証

無償保証期間が、弊社出荷日1年間から3年間に対応しました。

エージング試験 無故障連続稼働中※1

OpenMicroServerとOpenBlockS 266 とも、すでに数百日間にわたる連続エージング試験を継続しており、いずれも無故障での連続稼動記録を更新し続けています。


試験内容
● CPU/メモリ負荷:RAMディスクファイルをtarおよびgz圧縮し、/dev/nullに書き込み。
● ネットワーク負荷:全てのネットワークポート(3ポート)から常にFTPによるデータ通信実行。
対象機器 OMS-AL400/128 ×10台 OBS266/128/16R ×10台
温度環境 43〜50℃ 35〜40℃
連続稼動時間 1217日/29,208時間 735日/17,640時間※2
試験開始日 2006/02/01 2007/05/29
(2009年06月02日現在)

※1 設置場所の法定点検による停電、ファームウェアバージョンアップなどのメンテナンス作業を除く
※2 エンジニアリングサンプルでの検査期間を含む


ページの先頭へ戻る