TOPOBDN - 開発者向け情報 > 技術ガイド OpenBlocks AX3 6.0から7.1へのアップグレード

6.0から7.1へのアップグレード

注意: Debian7にアップグレードすると、搭載しているJava SE Embeddedが動作しなくなります。
アップグレード後にJavaを利用したい場合は、apt-get で導入可能な OpenJDK 6 又は 7 の採用を検討して下さい。
なおアップグレード後でも、Debian6にダウングレードすればJava SE Embeddedは利用可能です。


6.0ご利用中の方も、次の方法で7.1にアップグレードすることが可能です。 なおアップグレードの操作は、ほぼ新規セットアップと同じ内容になりますが、インストール済みのパッケージ情報等は引き継ぐことが可能です。


インストール済みパッケージの一覧を保存


# cd /root
# dpkg --get-selections > dpkg.list


既存環境のバックアップ


ボリュームラベルに「DEB_CONFIG」を設定したUSBメモリ等を接続して実行します。実行後は、USBメモリを取り外してください。

# flashcfg -B

初期状態で起動


6.0環境で保存されたファイルがFlashROMから展開されることを防ぐため、また6.0環境のストレージがマウントされることを防ぐために、INITボタン押下で電源ON、または以下の操作で再起動を実施してください。

# flashcfg -e
# e2label /dev/sda1 "" ※ストレージ併用モードの場合のみ
# reboot

ネットワークの暫定的な設定


ファームウェアファイルをダウンロードするため、暫定的にネットワーク設定を実施します。

# dhclient eth0

または

# ifconfig eth0 192.168.0.10 netmask 255.255.255.0 broascast 192.168.0.255
# route add default gw 192.168.0.1
# echo "nameserver 192.168.0.1" > /etc/resolv.conf
IPアドレス等は適宜読み替えてください。

バージョン 7.1のファームウェアをダウンロード

FTPサーバより、ファームウェアファイルをダウンロードします。

# cd /root
# wget ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/wheezy/3.2.40-0/uImage.initrd.obsax3

ファームウェアの書き込みと再起動


ダウンロードした、ファームウェアファイルを書き込み、再起動します。再起動後、7.1環境で動作し始めます。

# flashcfg -f uImage.initrd.obsax3
# reboot


必要に応じて、ストレージ併用モードの設定を行う ※ストレージ併用モードの場合のみ


環境のバージョンが変わるため、初期化を行います。

# mke2fs -j -L DEBIAN /dev/sda1
# reboot

ネットワーク設定を行う

ユーザーズガイドを参考に、ネットワークの設定を改めて実施してください。


保存したパッケージ一覧から、パッケージのインストール内容を復元

最初に保存した、インストール済みパッケージの一覧から、インストール内容を復元します。 バックアップに使用したUSBメモリを接続し、以下の操作を実施してください。 (USBメモリは、操作の直前に接続します。起動時に接続を行っていると、7.1環境に対して、6.0のバックアップデータを復元しようと試みます。)

# mount LABEL=DEB_CONFIG /mnt
# tar xvzf /mnt/userland.tgz ./root/dpkg.list
# umount /mnt

USBメモリを取り外します。

# apt-get update
# apt-get install dselect
# dselect update
# dpkg --set-selections < ./root/dpkg.list
# apt-get dselect-upgrade


バックアップから、各種設定情報を復元

バックアップに使用したUSBメモリには、/.rw 以下をアーカイブした userland.tgz が保存されています。利用されていた各種ソフトウェアの設定ファイルもすべて含まれていますので、必要なファイルを取り出し、再度設定を実施してください。





目次に戻る

ページの先頭へ戻る