TOPOBDN - 開発者向け情報 > 技術ガイド OpenBlocks AX3 ブートローダの更新

ブートローダの更新

OpenBlocks AX3では、ファームウェアの読み込み、実行を行うためのブートローダとして、U-Bootを採用しています。ここでは、このU-Bootの更新手順の解説を行います。


必要なツールのインストール


# apt-get update && apt-get install -y mtd-utils


新U-Bootバイナリ及び更新スクリプトのダウンロード


# wget ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/uboot/2.0.7/update_ax3_uboot.sh
# wget ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/uboot/2.0.7/u-boot.obsax3.bin
# wget ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/uboot/2.0.7/tp.obsax3.bin
# wget ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/uboot/2.0.7/MD5SUM
# md5sum -c MD5SUM
tp.obsax3.bin: OK
u-boot.obsax3.bin: OK
update_ax3_uboot.sh: OK

更新の実行


# chmod a+x update_ax3_uboot.sh
# ./update_ax3_uboot.sh
Update u-boot to 2.0.7 (previous version: 1.1.1)
erase u-boot env...Erase Total 2 Units
Performing Flash Erase of length 131072 at offset 0x20000 done
done.
update u-boot...done.
update test program...done.

Please reboot the OpenBlocks AX3.

再起動


# reboot

起動時に次の表示があることを確認します (シリアルコンソールにのみ表示)

U-Boot 2011.12 (Aug 26 2013 - 13:08:34)
Plat'Home version: 2.0.7 (Marvell version: 2012_Q4.0p17)

またLinuxのコマンドラインからは次のように確認できます。

# grep -a 'version:' /dev/mtd0
Plat'Home version: 2.0.7 (Marvell version: 2012_Q4.0p17)

出荷済みバージョンと主な変更履歴


2012/07/27: 1.1.1
・初期リリース

2012/11/16: 1.1.2
* mini PCIeのUSB機能を有効化

2012/12/05: 1.1.3
* DIPSW2(TFTPアップデート)が動作しない問題を修正

2013/03/14: 2.0.3
* ベースとするU-Bootバージョンの変更
* DIMM利用の改善
* テストプログラムの微修正

2013/03/25: 2.0.4
* DIMM利用の改善

2013/09/03: 2.0.7
* DIPSW4(コンソール出力の無効化)でキー入力を無視するように修正
* カーネルパラメータvmallocの見直し
* CPUコア電圧を1.1V→1.05Vに変更(CPU Rev.A0のみ) ※ 後述のCPUリビジョン確認方法を参照
* 各MACアドレスをCPUレジスタに設定(DeviceTreeを利用するlinux 3.8.x以降への対応)

CPUリビジョン確認方法


A0の場合
# dmesg | grep MV78260
  Marvell Armada-XP DB-78460-BP rev 2.0 Board -  Soc: MV78260 A0 LE

B0の場合
# dmesg | grep MV78260
  Marvell Armada-XP DB-78460-BP rev 2.0 Board -  Soc: MV78260 B0 LE

ダウンロード


http://ftp.plathome.co.jp/pub/OBSAX3/uboot/





目次に戻る

ページの先頭へ戻る