TOPファームウェア > OpenBlocks 600 ファームウェア 概要

最新ファームウェア

0.5-RELEASE-20161125NEW

0.5-RELEASE-20160929

0.5-RELEASE-20160818

0.5-RELEASE-20160721

0.5-RELEASE-20160616

0.5-RELEASE-20160519

0.5-RELEASE-20160317

0.5-RELEASE-20160213

0.5-RELEASE-20160121

0.5-RELEASE-20151210

0.5-RELEASE-20151022

0.5-RELEASE-20150910

0.5-RELEASE-20150827

0.5-RELEASE-20150806

0.5-RELEASE-20150702

0.5-RELEASE-20150618

0.5-RELEASE-20150409

最新ファームウェア

0.5-RELEASE-20150326

0.5-RELEASE-20150205

0.5-RELEASE-20150122

0.5-RELEASE-20150108

0.5-RELEASE-20141211

0.5-RELEASE-20141106

0.5-RELEASE-20141016

0.5-RELEASE-20141002

0.5-RELEASE-20140821

0.5-RELEASE-20140612

0.5-RELEASE-20140116

出荷時ファームウェア / 出荷時 CF

ファームウェア: 0.5-RELEASE-20090813

CF:20090930-01

インストール方法は、こちらを参照ください。

ファームウェアの更新方法

 ここでは、コマンドラインからのファームウェアの基本的な利用方法について記載します。なおWEB設定インタフェースのメンテナンスメニューからも、オンライン・オフラインのファームウェア更新が可能です。

FlashROMへの書き込み方法

 次の専用コマンドで、書き込みを実行します。

# flashcfg -f  uImage.initrd

CFへの書き込み方法

 専用のコマンドは不要です。ext3/ext2 でフォーマットした、コンパクトフラッシュ上の第1パーティションの直下にコピーすれば完了です。

コンパクトフラッシュ全体を1つのパーティションで利用している場合

# cp uImage.initrd-cfboot /

コンパクトフラッシュを /boot と / の 2つのパーティションで利用している場合

※ /boot が第一パーティション

# cp uImage.initrd-cfboot /boot/

目次に戻る
ページの先頭へ戻る