TOPファームウェア > EasyBlocks Syslogモデル リリース情報

リリース情報

2015/02/05: [1.1.0をご利用の方へ] アップデート時の注意事項

  • WEB I/Fからオンラインアップデートを実行しないでください。
    パッケージphp5-cliの更新が対話的になり、WEB I/Fから操作できなくなります。

2017/02/07: 1.1.4(単機能型、単機能型(EBAX)、XG共通)

  • [バグ] mysql仕様変更に伴う修正
  • [改善] デフォルトリポジトリの変更

2015/07/24: 1.1.3(単機能型、XG共通)

  • [バグ] エクスポート時に除外メッセージが適応できない不具合を修正
  • [バグ] 一部条件下においてフィルタルール選択時にFacility/Priorityがフォーム上に正常に反映されない不具合を修正
  • [改善] ホスト名に不正文字を設定できないように変更
  • [改善] 過去の中間データを削除するように変更

2015/06/01: 1.1.2(単機能型(EBAX))

  • 初期バージョン

2015/04/02: 1.1.2(単機能型、XG共通)

  • [改善] 月末月初時のテーブルデータ圧縮の改善
  • [追加] サポート用アカウントの追加
  • [追加] タイムゾーン変更機能の追加
  • [変更] エクスポート時のファイル名変更

2015/02/10: 1.1.1(単機能型、XG共通)

  • [バグ] 月末月初時に本アプライアンス停止状態にて先月テーブルが大容量の場合、起動時に新規テーブルの作成不具合の修正
  • [バグ] オンラインアップデートが正常に動作しない不具合の修正
  • [改善] エクスポート不具合の改善
  • [追加] フィルタ結果のレコード件数表示機能追加

2014/11/04: 1.1.0(単機能型、XG共通)

  • [バグ] 自ホストのsyslog受信機能にて大量のエラーログを出力しないよう修正
  • [バグ] WEB I/F上の文言とタイトルの統一化
  • [バグ] テーブル管理画面にて、状態を無効に変更できない不具合を修正
  • [バグ] WEB I/Fのパスワード変更時の確認用フォームを追加
  • [バグ] WEB I/Fに一定時間ログインを行っていた場合に、タイムアウトする不具合を修正
  • [バグ] 当月のレコード数が1000件超えた場合に、自動でフィルタが設定されてしまう不具合を修正
  • [バグ] 再起動時に時刻同期できない不具合を修正
  • [バグ] レポート送信失敗時に新規テーブルが作成されない不具合を修正
  • [変更] 長いsyslogメッセージを受信した場合、表示がはみだす不具合を修正
  • [変更] FTPサーバ機能として動作させた際に、ファイルを置けるように変更
  • [変更] Trap受信を行うSNMPコミュニティ名を最大5件まで指定できるように変更
  • [変更] WEB I/Fでの設定時にパラメータチェックを行うように変更
  • [変更] ファイル画面のU/Iを変更
  • [変更] メール通知を行うワードを最大5件まで登録できるように変更
  • [追加] NTP同期状態表示及びntpdateによる同期機能を追加
  • [追加] SNMPエージェント機能に対応
  • [追加] テーブル管理更新機能を追加
  • [改善] 大容量テーブルのリストアの高速化

2014/09/10: 1.0.9(XG)

  • EasyBlocks Syslog XG初版(単機能型Syslog 1.0.9相当)。従来の単機能型Syslogモデルと比べ、ハードウェア変更により容易に複数のネットワークが扱えるようになります。また、スペック向上によりsyslog受信量の増加およびsyslogデータベースのリストア作業の高速化が実現します。

既知の問題

  • 数千万件の情報を持つデータをリストアした場合、テーブル一覧情報にリストアしたテーブル情報が表示されない場合があります。
    → ダミーのデータをリストアすることでテーブル一覧に該当テーブルが表示されます。

2014/09/10: 1.0.9(単機能型)

  • [バグ] 表示テーブルの一覧に「全テーブル」として最新月のデータが表示される状態であったため、全テーブル項目を削除。
  • [改善] データリストア時間を約50%改善。
  • [追加] テーブル修復機能を追加。

既知の問題

  • 数千万件の情報を持つデータをリストアした場合、テーブル一覧情報にリストアしたテーブル情報が表示されない場合があります。
    → ダミーのデータをリストアすることでテーブル一覧に該当テーブルが表示されます。

2014/06/04: 1.0.8

  • [バグ] バックアップ送信設定時において、月初の先月分のバックアップ送信及びテーブル作成が失敗する問題を修正

2014/03/06: 1.0.7

  • [バグ] 日本語(UTF-8)のログ表示が文字化けする問題を修正
  • [バグ] テーブルのリストアを実行すると検索ができなくなる問題を修正

※アップグレード時、テーブルをUTF-8に変換するため、時間がかかります。 再起動ボタンを押して、再起動が完了するまで、200万件蓄積されている場合 で30分間ほど必要です。

2014/01/10: 1.0.6

  • [バグ] バックアップ送信機能が正常に動作しない問題を修正
  • [バグ] CSVのダブルクォーテーションをエスケープしていない問題を修正
  • [バグ] ログの自動削除が正常に動作しない問題を修正
  • [変更] ログ表示高速化
  • [変更] 統計表示高速化
  • [変更] ログ表示対象を1000レコードまでに制限
  • [変更] レポート送信をその他の定期処理と同時に行うように変更
  • [追加] DB初期化機能
  • [追加] 起動時のテーブル修復機能
  • [追加] サポート用ログ収集機能
  • [追加] Ajax処理中の状態表示とエラー結果表示

2013/11/29: 1.0.5

  • [バグ] ファイルを解凍しないとオフラインアップデートできない問題を修正
  • [変更] バースト耐性の向上
  • [追加] デフォルトフィルタの追加

2013/11/11: 1.0.4

  • [バグ] レコード数が多くなると常時CPU負荷が高くなる問題を修正

2013/10/30: 1.0.3

  • [バグ] レコード数が多くなると表示できなくなる問題を修正

2013/09/20: 1.0.2

  • [バグ] 製品出荷時に2013年7月のテーブルが作成されている問題を修正
  • [バグ] 月初に電源断になっていると、その月のテーブルが作成されない問題を修正
  • [バグ] cronによるログローテーション、旧ファイルの削除が動作していなかった現象を修正

2013/07/26: 1.0.1

  • レコード件数が多くなると表示できなくなる問題を修正

2013/07/25: 1.0.0 (初版)

  • 初期バージョン

ユーザーサイト

サポートサービス加入者様向けの専用サイトです。
加入者様のみに発行される、 ユーザーアカウントとパスワードが必要です。

目次に戻る

ページの先頭へ戻る