1.2.0

リリース日

2011/12/01

導入方法

ユーザーサイトにてご確認下さい。

変更内容

  • 管理システム
    ・ノード間のデータ同期の手法を変更 (UDPマルチキャスト→TCPユニキャストの並列処理
    複数台稼働時の安定性向上のため
    ・ノードの追加削除のログ表示を実施
    ・NTPサーバーの設定において、オプション設定の項目を追加 (通常は未指定で良い)
    ・SMTPサーバー(リレー専用)を外部から利用できる設定項目を追加
  • DNS
    ・EasyBlocksグループ内において、複数(最大4)のサーバーを起動できるように変更
    クライアント毎に参照DNSを変更することでスケールアウトが可能
  • DHCP
    ・配布状況一覧において、ネットマスクが/24の場合にアドレス数や詳細表示が出来ない問題を修正
    ・配布状況一覧において、アドレス数の計算が誤っていたのを修正
    ・設定の直接編集を実施した場合に、編集結果が利用できていなかった問題を修正
  • NTP
    ・EasyBlocksグループ内において、複数(最大4)のサーバーを起動できるように変更
    クライアント毎に参照NTPを変更することでスケールアウトが可能
  • Proxy
    ・EasyBlocksグループ内において、複数(最大4)のサーバーを起動できるように変更
    Proxyの自動設定スクリプトやDNSラウンドロビンの併用によりスケールアウトが可能
    ・ログローテション実行方法の見直し
  • 監視管理
    ・設定の直接編集を実施した場合に、編集結果が利用できていなかった問題を修正
  • その他
    ・各サービスの設定直接編集において、編集結果の改行コードをLFのみに統一
    ・各サービスのIPアドレスの入力フィールドで他のサービスとの間での重複チェックを実施
    ・その他、動作に変更の無い、軽微な修正多数

注意

  • 利用中のバージョンが1.0.0の場合は、最初に1.1.0への更新を行って下さい。

目次に戻る
ページの先頭へ戻る