1.1.2

リリース日

2011/09/16

導入方法

ユーザーサイトにてご確認下さい。

変更内容

  • 管理システム
    ・設定のエクスポートを実行しても、最後の文字列がかけていたのを修正
    ・本体内に記録するログローテーションのタイミングを見直し・初期設定時のユーザー名に空白が入力でき、不具合が起きていた現象を修正
  • DNS
    ・設定のエクスポートを実行しても、最後の文字列がかけていたのを修正
  • DHCP
    ・設定のエクスポートを実行しても、最後の文字列がかけていたのを修正
    ・サブネットの追加が行えなかった現象を修正
    ・作成済みのホストリストの先頭に追記すると、「hostname」等の不要なエントリが増える
    ・ホストリストの編集において、ファイル名未指定でも保存できる動作を修正
  • NTP
    ・設定のエクスポートを実行しても、最後の文字列がかけていたのを修正
  • Syslog
    ・設定のエクスポートを実行しても、最後の文字列がかけていたのを修正
  • Proxy
    ・設定のエクスポートを実行しても、最後の文字列がかけていたのを修正
  • 監視
    ・設定のエクスポートを実行しても、最後の文字列がかけていたのを修正
    ・WEB I/Fでの設定以外にホスト毎の死活監視設定が含まれていたのを削除
    ・出力される設定内容を整理
  • その他
    ・動作に影響の無い軽微な修正

注意

  • 利用中のバージョンが1.0.0の場合は、最初に1.1.0への更新を行って下さい。

目次に戻る
ページの先頭へ戻る