1.1.0

リリース日

2011/08/24

導入方法

ユーザーサイトにてご確認下さい。

変更内容 要旨

  • サポートサービス加入者様向けのユーザーアカウントの設定を可能にしました
    アカウントはサポートサービス加入期間のみ有効であり、ソフトウェアのアップデートは、このアカウントが有効な間のみ可能です。
  • 各種対応サービスの機能追加、改善、修正
    バージョン1.1.0では、DNS/DHCP/Proxy/監視管理についての変更を行っています。そのほか、全体的な改善・修正があります。

変更内容

  • 管理システム
    ・初期設定時に、メールアドレス未指定だと先に進めない現象を修正
    ・初期設定及びシステムメニュー内に、サポートサービス用のアカウント入力項目を追加
    ・システムメニュー内に、使用許諾/ライセンスとバージョン表記のページを追加
    ・EasyBlocksのログを指定Syslogサーバーに通知にした
    ・cronがUTCで動作していた問題を修正
    ・メール通知に使用するスクリプトが一部含まれていなかったのを修正
    ・単独動作が有効な場合に、オンライン/オフラインアップデートが実施できなかった問題を修正
  • DNS
    ・キャッシュ/コンテンツ等、利用用途による画面切り替えを改善
    ・ルートヒントファイルが常に有効になっていた問題を修正
    ・ゾーンやレコードの削除が動作しない場合があったのを修正
    ・一部ブラウザ(IE6等)で、画面表示が崩れる現象を修正
  • DHCP
    ・リースファイルを書き込み先を、CF直接からRAMディスクに変更 (開始/停止時に、CFへの保存/読込を実施)
    ・リース状況の表示画面を追加
    ・IP/MACアドレスによる、固定割り当て/動的割り当てに対応
    ・IP/MACアドレスによる、動的割り当て禁止に対応
    ・デフォルトのリース時間を30分→1日に変更
    ・割り当て前Pingチェックの設定項目を追加
  • Proxy
    ・最大オブジェクトサイズ等で、0を指定したときにデフォルト値に戻ってしまう現象を修正
    ・上位Proxyを3件まで指定可能に変更(従来は1件)
    ・RAMディスク使用時に、起動に失敗する現象を修正
  • 監視管理
    ・通知先にユーザー名「root」を指定した場合に、監視管理サービスが起動しない現象を修正
    ・Syslog通知に対応 (管理サービスのSyslog通知と連動
    ・ユーザー定義の監視コマンドが機能していなかったのを修正
    ・設定のエクスポートメニューが機能していなかったのを修正
  • その他
    ・画面表示における、重なり等の見づらい表示を改善
    ・ログ削除用のスクリプトの誤りを修正
    ・入力内容のチェックを強化
    ・その他、動作に変更の無い、軽微な修正多数

更新後に行うこと

目次に戻る
ページの先頭へ戻る