ホーム製品情報OpenBlocks IoT Family > OpenBlocks IoT Family 機能
EasyBlocks

IoTデバイスとゲートウェイの接続機能から、クラウドとの接続機能、SMSによるリモート・コントロール、 WEB UIによる各種設定など、OpenBlocks IoT FamilyにはIoTシステム構築を支援する様々な機能が搭載されております。


IoTソフトウェアは、センサーやビーコンとIoTゲートウェイ間の接続機能や、IoTゲートウェイとクラウドサービス間などの接続機能がWEB UIで使える統合ソフトウェア群です。
OpenBlocks IoT FamilyはIoTソフトウェアを標準機能としており、IoTシステム構築時の開発・検証にかかるリソースを大幅に削減します。

PD Handler
BLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンや、
温度センサーなどといったIoTデバイスをWEB UI上からOpenBlocks IoT Familyに接続する事ができ、
センサーデータやビーコンのアドバタイズ信号などの情報を収集する事が可能です。

主な接続可能デバイス

画面1
PD Emitter
画面1 ぷらっとホームのPD ExchangeをはじめAWS IoT・Amazon KinesisやIBM Bluemixといった各社クラウドサービスへの接続や、MQTT・HTTPプロトコル通信に対応し、センサーデータなどを各種サーバーへ送信する事がWEB UI上から設定可能です。

対応サービス・プロトコル

  • PD Exchange
  • IBM Bluemix
  • Amazon Kinesis
  • AWS IoT
  • MQTT
  • REST/HTTPS
WEB UI
Webブラウザ画面上でPD HandlerやPD Emitterの操作・設定をはじめ、センサーやビーコンの検索・ペアリング作業、
各社クラウドサービスとの接続設定などを行えるWEB UIを搭載しています。コマンドライン操作の知識不要で各種設定作業を行うことが出来ます。
画面1
画面1 ダイナミックDNSに対応しているため、固定IPアドレス取得・運用にかかるコスト削減や、クライアント(IoTデバイス側)からのDNS設定が可能となり、柔軟なIoTシステムの構築、運用を支援します。

対応ダイナミックDNSサービス

  • mydns.jp
  • no-ip.com
  • ieserver.net(http/https)
携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を利用してOpenBlocks IoT Familyを遠隔地から操作できます。
モバイル回線のON・OFFや本体リブートなど、様々な制御がSMSによって操作可能です。また、WEB UIからユーザーが定義したスクリプトを設定し、SMSから実行する事も可能です。

SMS操作可能な主な機能

  • 3G/LTE回線の接続・切断
  • SSH開放・閉鎖
  • システムのリブート
  • ユーザー定義スクリプトの実行


※OpenBlocks IoT BX0は非対応

画面1
画面1 OpenBlocks IoT FamilyにRS-232CやRS-485などでシリアル接続された機器を、モバイル回線やWi-Fiを経由して遠隔地のシリアル通信端末へリダイレクトが可能です。
さらにBluetooth SPPにも対応し、OpenBlocks IoT FamilyとペアリングされたBluetooth SPPデバイスのシリアル通信リダイレクトも可能です。

お問合せ

この製品について問合せる

製品情報はこちら