ホーム製品情報EasyBlocks

DHCPサーバーにEasyBlocksを選ぶ4つの理由

EasyBlocks
IAサーバーでDHCPを構築しようとした場合、 まずはシステムの設計から、使用するOS、アプリケーションの選定を行い、 そしてそれぞれのインストール作業、さらに専門的な知識を必要とするコマンドラインでの設定が必要になります。
しかし、EasyBlocksならその手間を省き、Web UIによる簡単な設定のみで、必要なネットワークを構築することが出来ます。

▲ページの先頭へ戻る
モバイルPCやスマートフォン、タブレットなどの普及により、DHCPには更なる高速化、可用性が求められています。 しかし現状の多くは、サーバーにDHCP機能を混在させていたり、ルーターに付随されているDHCP機能で済ませている場合が多く、安定性や管理面での不安が残ります。
サーバーが止まった時のリスク
他アプリケーションの負荷によるリスク
障害復旧作業によるネットワーク停止のリスク
▲ページの先頭へ戻る

OSの更新やアプリケーションの更新など、本来一つ一つを個別に対応せざるを得ない手間を、EasyBlocksなら一元管理なので大幅に運用工数を削減することが出来ます。

また、ディスクやファンといった故障を引き起こしやすい部材を一切使っていないため耐久性が高く、メンテナンスの工数も削減することが出来ます。

通常のIAサーバーでネットワークを運用した場合、仮に障害が起きてしまうと、障害の切り分けから原因を特定し、交換部材を取り寄せ、交換次第復旧、という流れになります。

原因によっては切り分けに時間がかかり、ダウンタイムが長引いてしまうことも考えられます。

しかし、EasyBlocksなら、先出しセンドバック保障によりまずはじめに本体を交換いただくことで、障害復旧の工数をを最小限に抑えることが出来ます。

▲ページの先頭へ戻る

DHCPとうい機能に対し、サーバーを使用した場合オーバースペックとなる場合が多く、どうしても無駄なコストが発生してしまいます。

しかしEasyBlocks DHCPは、機能に対して必要十分なスペックを備えたハードウェアを使用しているため、 無駄なコストを省いて導入することが可能です。

▲ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る